ますます広がるサポートの輪〜おわら風の盆サポート会員制度ホームページ〜

みんなでおわらを守らんまいけ

平成24年度おわら風の盆サポート会員制度スタート!
おわらを守るための様々な取り組みの中に、「おわら風の盆サポート会員制度」があります。
これは「風の盆保存育成基金」をおわらを愛するみなさんの手で応援していただく制度であり、おわらを守る町民と、おわらを愛するあなたをつなぐ初めてのネットワーク制度なのです。

サポート会員制度のご紹介
これまでの基金活用事例一覧〜みんなでおわらが守られてます〜

現在会員は約300会員(個人会員70会員)を数えます。(インターネットからのお申し込みは50会員)
皆さんの温かいご支援のおかげで日々おわら風の盆保存育成に活用されています。
23年度は昨年度に引き続き、深夜の町流しを安全に行えるよう、自主警備により交通規制を夜明けまで延長いたしました。
保存会並びに多くの町民からたくさんの喜びの声を頂きました。
まさにおわら風の盆をみんなで守ることが実現されています。



活用事例報告
22年度
行事運営

深夜の町流しを守るための自主交通規制交通整理員
西新町
音響機器更新
音響機器更新
21年度
行事運営

深夜の町流しを守るための自主交通規制交通整理員
今町

衣装桐箪笥
20年度
行事運営

深夜の町流しを守るための自主交通規制交通整理員
東新町

スタッフ用Tシャツ
上新町

地方用浴衣新調
19年度
行事運営

深夜の町流しを守るための自主交通規制交通整理員
東新町

幼児用法被ズボン
福島

子供用法被一式
西町

男子法被新調
鏡町

女踊り浴衣、帯
天満町

ボンボリ配線新調
18年度
行事運営委員
深夜の交通整理員
(自主規制)
深夜の町流しを守るH18の初の試み
西新町

小学生の法被10着
東町

衣装修繕、刺繍入れ用の大型ミシンの購入
西町

締太鼓、MDレコーダー
今町

女子踊りの浴衣を新調
天満町

女子踊りの浴衣を新調
17年度
東新町

男子踊用
角帯の新調
諏訪町

ボンボリ25本
の新調
鏡町

地方浴衣20着
を新調
今町 ボンボリカバー
下新町

自主警備員用作務衣15着新調
天満町

地方用アルミ製
縁台10台
福島

役員用浴衣15着
新調


今後も引き続き当制度へのご理解とご協力をお願いいたします。


合言葉はみんなでおわらを守らんまいけ 24年度入会申込はこちら




コ ラ ム
「おわら」は越中の「八尾」で生まれた素朴な民謡です。
三百年の長きに渡り自らの芸事として弛まぬ事無く稽古に励み、「おわら風の盆」と呼ばれる伝統文化を創り上げた先人達の思いを受け継いだ住人らが1年の稽古の成果を披露する場が「風の盆」です…。一瞬一瞬の真剣勝負を見届けるため、期間中は約20万人の人出で賑わいますが、八尾地区の人口は約5,000人。小さな町に1日あたり数万人でごった返す風の盆を安全に運営するため、各町では涙ぐましい努力を自主的に行っております。その負担を少しでも軽くするため、おわらの伝統を末永く守るために観光客のみなさまに切にお願いする次第であります。
2012.6.1                       (平成24年度サポート制度担当)

トップへ戻る


All Rights Reserved.Copyright 越中八尾観光協会 1999 - 2012