その他

宿泊・飲食・土産などについて


八尾で泊まりたいのですが、旅館はありますか。

おわらの写真

八尾には旅館・ホテル・民宿が9軒ありますが、宿泊収容人員は約800名です。風の盆期間は1日当たり数万人もの人出があり、残念ながら宿泊需要に応えることができないのが現状です。富山市中心部からは路線バスやJRが深夜まで臨時便を運行していますので、JR富山駅周辺に宿泊されても十分におわらを楽しむことができます。



宿泊の予約は、どうすればよいのですか。

八尾町内で宿泊施設を確保するのは非常に困難です。旅館への申し込みは各旅館へ直接申し込んでいただきますが、旅館ごとに風の盆期間の宿泊受付開始期日は異なりますので、確認をお願いいたします。旅館によっては毎年継続して宿泊される方も多く、また、風の盆期間は宿泊料金も通常より高くなりますので、事前に確認されますようお願いいたします。
富山市八尾町の宿泊施設はこちらをご覧ください。

そのほか富山市の旅館・ホテルへの申し込みは富山市ホテル旅館事業協同組合(TEL:076-441-4796)で斡旋していただけます。



民泊はありますか。

民泊はありません。何卒ご了承願います。



簡単な食事をするところがありますか。

八尾には30店舗ほどの飲食店があります。夕食の時間には大変混雑しますし、中には予約が必要な店もありますのでご確認ください。



休憩する場所や施設はありますか。

おわらの写真

休憩していただける施設はありません。



案内所や仮設トイレはどこにあるのですか。

案内所や仮設トイレは、JR越中八尾駅前、演舞場、富山市八尾曳山展示館、バスの乗降場等の主要な場所に設置されています。
また案内所にはガイドマップを用意していますのでご利用ください。



日中はどのように過ごせばよいのですか。

1日・2日の午後3:00まで、また3日は午後7:00まで町内での踊りはご覧いただけません。しかし、富山市八尾曳山展示館では、14:00~16:00におわら踊り方教室があるほか、おわら資料館、和紙文庫などの見学、町並みや城ケ山公園の散策などをしながら踊り場の確認をされてはいかがでしょうか。八尾町は坂が多く、道幅の狭い街並みが特色です。混雑を念頭に置き、行動しやすい服装で時間にも十分な余裕をもってお越しください。



土産はどんなものがありますか。

代表的な土産品としては和紙民芸品、各種銘菓、おわらのCD、DVDなどがあり、特に風の盆の期間には多くの商店がこのような土産品を取りそろえています。また上新町の「なりひら」や「富山市八尾曳山展示館」では年間を通して土産品を取り扱っています。



おわらのCD・DVDの購入方法などを教えてください。

お問い合わせの商品についての詳細は越中八尾観光協会(TEL:076-454-5138)へお問合せください。

越中八尾観光協会
〒939-2342 富山県富山市八尾町上新町2898-1/TEL:076-454-5138



おわらの衣装は手に入るのですか。

現在、各町内ごとの揃いの衣装はすべてオーダーメイドで、必要な枚数をその都度作成しているため、一般の人が購入することはできません。なお、土産用の浴衣・法被は町内の衣料店にて販売しています。


ページのトップへ